人生の暗転。占い教材の詐欺。

中学生時代から、占いと密接な関係を持っている自分がいました。

そのころ読んでいた本の一つで、まずはまったのが愛と占いの情報誌というキャッチフレーズでおなじみのMy Birthdayという雑誌でした。

家庭も崩壊し、学校生活でも悩みを抱え、愛が得られそうなものに飢え乾いていました。

愛と表示されている雑誌やアイテムに、自分でも知らず知らずのうちに飛び込んでいってしまったんですよね。

My Birthdayのような占いやおまじない、心理テストを掲載している雑誌に自然と心が引きずり込まれていきました。

日本の雑誌であるにも関わらず、ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベやマドモアゼル・愛など、フランス語圏の人名の執筆者・監修者が存在し、その名前からして不思議な印象を持つことが少なくなかったです。

またMy Birthday読者から寄せられてくるメッセージを読むたびに、その悩みや考えに共感したりもしました。

他にも開運グッズのページで、アクセサリーやおまもりのようなアイテムも扱っていて、そのアイテムに興味を持つことが少なくはありませんでした。

そして約十年後、通信販売の西洋占星術の教材セットで三十万もの高額の通販詐欺に引っかかってしまったのです。

これもMISTYか何かの占い雑誌の広告欄に掲載されていたのですが。

独自にホロスコープを作成することで、出生の秘密とか将来の自分の未来や未知なる世界を探求できることにワクワクしてしまい、結果的に悪い方向にどんどん惑わされていくのでした。

それまでは、占い雑誌で満足していたものが、自分で占ったり専門的に勉強したいと思うまで心変わりしてしまったのです。

恋愛にしても仕事にしても全てが上手く行かず、その度に占いにすがりつき、その度に依存していく自分がそこにはいました。

しかも、三十万もの高価な占い教材を購入したのにも関わらず、人生が好転していくことなど決してあり得ませんでした。

むしろ人生が暗転し、ますます不安感が増していってしまったのでした。

その教材もとても三十万もする価値があるとは感じませんでした。

おそらく、その教材は薄っぺらい教材冊子のようなものが、十冊から二十冊ほど入っていただけだったと思います。


ホロスコープ ハウス イメージ画像


12星座のそれぞれの特徴やホロスコープやハウスの読み解き方が書き記されていたと思うのですが、いずれにしても後悔先に立たずでした。

そのような無価値な西洋占星術教材に、なけなしのお金をはたいてしまった自分に対して深く落胆していきました。

不安や悩み、いらだちを全て解消できるとすがっていた占いが、まさか自分の人生を暗転させる原因だったとはその当時は微塵も感じられることがありませんでしたから。


NYの元悪魔崇拝者のジョン・ラミネス氏が悪霊や悪魔の危険性について警告している日本語字幕の動画があります。少し占いやまじないに繋がる場面があります。

①ジョン・ラミレス1onONE with Damon Davisインタビュー 14:27

②「地獄からの脱出」ジョン・ラミレス- John Ramirez, Escape from Hell 37:12

とネットで動画検索すると出てくるので、一度見てみるといいかも知れません。

この動画は、占いや偶像の危険性、悪霊や悪魔の悪事について対話しながら、または街中を歩きながら具体的に説明しています。

また、書籍はいまだに見たことがないのですが「悪魔の大釜からの脱出」という電子書籍も出しているようです。動画や書籍どちらでも情報を知る事ができます。


さすがに占いもやめたほうがいいと思っていた時に、タロットカードなどの書籍や関連物を全て捨て去ることが出来ました。

長い間どっぷりと依存し、多大な影響を受け続けてきた西洋・東洋の占星術関連の書籍やウェイト版タロットカードを処分できたのは、大きな解放でした。

関連記事 マドモアゼルと麻
関連記事 守護樹占いとおまじない

こちらもどうぞ

コックリさんの起源。占いブームの落とし穴

2017-03-29 00:00

人生の苦痛の根源。家族や友達について。


以前は、この世でまともに生きることが苦しくて仕方がありませんでした。それは、現時点で始まったことではなく、幼いころからいつも悩んでいました。

自分の家では、父と母の機嫌が悪かったので、どうしても喧嘩が絶えませんでした。幼心に、不安を感じていました。

両親の間に入って仲裁すれば、父親に投げ飛ばされました。その後は離婚し、一人で引っ越しや転校をすることになりました。

母親にも捨てられ、伯母さんや叔父さんの家でお世話になることになりました。

伯母さんの家で食事をとり洗濯をしてもらい、叔父さんの家で寝泊まりして過ごしました。

実はその叔父さんの家が悪魔的だったのです。神棚があって観音様のような掛け軸が飾られてありました。

その神棚や掛け軸から悪影響を受けていたんです。勉強もできないし、イライラして時間を無駄に過ごしているような気がしました。

叔父さんについてはこちら

般若心経の真言と呪い

転校先の小学校で、最初のあいさつを学年全体の前でしたのですが、とても恐怖に怯えてしまったのです。

学校にいけば、楽しいかというのは幻想でした。傷つけてくる人が、必ず存在したのです。もちろん、いい人もいましたが。

特に日本は、悪口をいうことがまかり通っていて、それを悪びる人もいません。1人に対して、悪人は大勢で群がり苦しめるのです。

本来ならば、身近な家族に相談をして悩みを解決すればいいのでしょうが、それが出来ませんでした。

父親はその時兄と暮らしていて別居していたのですが、その家に電話することが出来ませんでした。

そんな矢先、心が苦しくて来る日も来る日も神社に通っていました。

家族には愛の欠片もなく、神様しかいないと考えさせられたのです。しかし、神社に行っても神様には出会えませんでした。

電車に乗ってでかけた際、通りゆく景色を眺めながら高層建物が目に入ると、そこから飛び降りてしまった方が楽ではないかと思い、自分の人生が暗転してしまいました。

本物の神様を知った今は、自分から命をなくそうとは思いませんし、自然と感謝できるほどになったんですよね。

2017年03月10日0:00

こちらもどうぞ

神様が偶像崇拝を禁じる理由

マドモアゼルと麻。


テレホン人生相談のマドモアゼル・愛アドバイザーについて調べてみました。占星術家であり、以前 MyBirthdayやMISTYという占い雑誌でよく見かけました。

男性ですが、マドモアゼル・愛と名乗っています。

マドモアゼルは、フランス語で女性を表すそうで英語の Missに当たるそうです。

また音楽家のモーツァルトは女性だったというマドモアゼル モーツァルトという漫画が、1989年から1990年の期間、日本のコミック・モーニングで連載されていました。

男性でありながら、女性的で意味深な点が、何かタロットカードのTHE DEVIL.のバフォメットや両性具有を思い出させます。

関連記事 白洲次郎の妻、白洲正子
関連記事 コックリさんの起源。占いブームの落とし穴

マドモアゼル・愛公式SHOPでは占星術教材、シルバータリスマン 般若心経、ゼロ磁場商品なども販売しているようです。

この般若心経は、おすすめ出来ません。なぜかというと、短い文章を説きながら最後に呪いをかけているからです。

関連記事 般若心経の真言と呪い

ゼロ磁場商品もおすすめしません。以下のソースで解説されていますので、ご興味のある方は一度ご覧ください。イヤシロチグッズとは、ゼロ磁場商品のことです。

25 2月 イヤシロチグッズが効果はあっても、とんでもないぼったくり商品である確たる根拠。

[引用元:RAPTブログ]

また公式SHOP麻のお店では、麻の古代のパンツ(ふんどし)や麻のストールも取り扱っています。

2016年に大麻所持の疑いで逮捕された、元女優の高樹沙耶(益戸 育江)を思い出しました。彼女はふんどしを好んで締めていましたから。

ふんどし 女性の褌

1980年代後半、当時の人気アイドルであった武田久美子や宮沢りえがグラビアや写真集でふんどしを締め、臀部を露出した姿を披露したことが話題となった。ハイレグ水着やTバックが一般にも浸透しグラビアでも多く見かけるようになっていたが、当時はまだ男性のものという認識が強かったため、女性が硬派な印象のふんどしを締めこんだ姿を公にしたことは衝撃的であった。近年では 益戸育江 がTV取材に対して『手製のふんどしを愛用している』と発言し[10]、木口亜矢、壇蜜が日本ふんどし協会から「ベストフンドシスト」を受賞している。

[引用元:Wikipedia]

ふんどし、履き心地はどうなのでしょうかね。

現代のスタンダードな下着に慣れ親しんでいるので、抵抗を感じますが。

2017-02-27 04:00

こちらもどうぞ

守護樹占いとおまじない
神様が偶像崇拝を禁じる理由

守護樹占いとおまじない。

何年か前にテレホン人生相談の大原敬子アドバイザーの本を書店で購入して何冊か読んでいました。どうやって子育てしたらいいんだろうと悩んでいたんですよね。

その中で、守護樹占いやおまじないに関する本があったので少し調べてみました。

樹木占いやおまじないが元々どんなものなのか、ケルトも関係すると思ったので今回ケルトに調べてみました。

ケルトと宗教

当初の宗教は自然崇拝の多神教であり、ドルイドと呼ばれる神官がそれを司っていた。 初期のドルイドは、祭祀のみでなく、政治や司法などにも関わっていた。 ドルイドの予言の儀式では人身供犠が行われていることを、多くの古典古代の著述家たちが記述している[1]。


また、ケルト人には人頭崇拝の風習があった。ケルト人は人の頭部は魂の住処となる神性を帯びた部位であり、独自に存在し得るものと考えた[3]。敵の首級を所有することでその人物の人格や魂を支配できると信じ、戦争で得られた首級は門などの晴れがましい場所に飾られたり、神殿への供物や家宝として扱われた。ケルト芸術には人頭のモチーフが多くみられ、アイルランドではキリスト教改宗後も教会や聖所の装飾に多くの人頭があしらわれている。

[引用元:Wikipedia]

いやはや、恐ろしいです。深く落胆してしまいます。人を殺して生贄にしたり、戦争で得た人頭を崇拝をしていたとは。

崇拝までいかなくとも、人頭といえば日本だと戦国時代の武将や他国だと現代の過激派組織ISイスラム国がまさにそうですね。首を特別視してますから。


次はおまじないに関してです。日本ではおまじないを、呪い(まじない)と書きます。まさに呪いそのものでした。それを知られたくないから、ひらがなで表記されていたのですね。

以前、恋愛関係や片思いで悩んでいた時におまじないをしていたことがあったのですが、その行為が呪いだったとは開いた口がふさがりません。

占い雑誌や恋愛ネタの情報誌にで見かけていたので、気が向いた時に軽い気持ちでやったりしていたんですよね。でも状況が良くなることはなかったです。

このことを知らずに人生のラッキーチャンスだと間違った認識をした女性がいると思います。悩んでいる時、おまじないで幸せをゲット出来るという嘘の情報を信じてしまいがちなんですよね。

2017-02-26 00:00

インディアンとペヨーテの儀式。


以前、テレホン人生相談というラジオ番組をよく聞いていました。ニッポン放送の長寿番組らしく、人気があるのだそうです。

そのパーソナリティを務めている加藤諦三のアメリカインディアンの教えという本を過去に読んだのですが、今回調べてみました。

うる覚えの内容ですが、インディアンにはいじめがないとか、たとえ崖の上で生活していても、信頼関係があるので危険と感じないといった記述がされていたと思います。

どうしたら、そのような信頼関係が結べるのか、今となると不思議でたまりません。

インディアンは、ペヨーテの儀式というものが存在していることが確認できました。ちなみにペヨーテの和名は、からすの文字が使用されています。

感の鋭い方なら、からすと聞いて不吉な予感がするかも知れません。日本では、カラスが集まると不幸が起こるという言い伝えもあるのですから。

和名で烏羽玉(うばたま)というそうで、射干玉(ぬばたま)とも言い、実の色が漆黒であることから名付けられたのだそうです。

ペヨーテ 治療効果

地上に出ている円盤状の部分を地下の塊茎から切り離し、乾燥させボタン状にしたものを、そのまま噛んだり、あるいは煎じて飲むことによって、幻覚などの精神的効果が得られる。ただし、ペヨーテは非常に苦く、効果が得られる前に吐き気に襲われることが多い。

ペヨーテ 歴史と文化

16世紀にメキシコやペルーを征服したスペイン人宣教師は、ペヨーテをキリスト教が禁じる預言をもたらす「悪魔の根」と呼んだ。彼らはこう書き残している。
「この植物を食べるとチチメカ族は未来を見通す力をつけ、敵襲や天候、そのほかさまざまな自然現象を占うことが出来た」

[引用元:Wikipedia]

苦くて吐き気に襲われるとは、普通の人なら危険視してやらないでしょうが、きっと悪魔に予言を求めていたのですね。

吐き気をもよおしてしまいました。幻覚といい、自然現象の占いといいずっと古代から引き継がれてきたものなのでしょう。

まるでエンドルの降霊術師を彷彿させます。

エンドルの降霊術師について、こちらもどうぞ
関連記事 コックリさんの起源 占いブームの落とし穴

このような儀式を日常的に行っているならば、悪霊の影響を受け、いずれは暗くて悲観的な思考を巡らせるようになると思います。

こちらもどうぞ

守護樹占いとおまじない
白洲次郎の妻、白洲正子

2017-02-25 00:00

般若心経の真言と呪い。

般若心経というと2010年くらいに写経ブームがあり、TVやCMでよく目にした記憶があります。

当時、治療や通院のために精神的にも苦しかったので、数独やナンプレなど解いて不安感を消し去ろうと毎日を過ごしていました。

今はがんはないことも分かり、それに関しては特になにもありません。

100円商品を扱う店舗で、般若心経の写経も目にしましたが、どうしても購入する気にはなりませんでした。その時に手を出さずに済んで良かったと思いました。

般若心経なのかどうか亡くなってしまったので聞くことは出来ないですが、数十年ほど前に父を亡くしたお通夜の晩、叔父さんがお経を唱えていたのです。

叔父さんは、過去に某宗教団体に入信してたのもあり、経典を持ちながら延々と唱え続けていました。

それも1時間以上だったのではないでしょうか。かなり熱心に唱えていました。

案の定、その場の雰囲気がかなり悪くなってしまいました。

そのせいで私自身考えられない程の絶望的な気分を味わい、涙が止まらなくなっていきました。

そして、最終的には伯母さんが叔父さんに対して、怒鳴りつけ始めました。

今でも、あのお通夜の晩、突然伯母さんが怒りを大爆発させたのか知る由もありませんが、周囲にいた親族は驚くしかありませんでした。

そして、お経の影響で肉体的にもかなりダメージを食らってしまいました。頭が常に重く、夜になると強烈な孤独感に襲われ涙が止まらなくなっていきました。

自分の感情とは思えず、あれこそ悪霊や悪魔の呪いだったのだと思いました。心があまりに苦しすぎるので、引っ越しを余儀なくされた程でした。


般若心経 概要

空性を短い文章で説きながら、末尾に真言(マントラ Mantra)[2]を説いて終わるという構成になっている。

[引用元:Wikipedia]

真言

真言(しんごん)とは、サンスクリット語のマントラ(मन्त्र Mantra)の訳語で、「(仏の)真実の言葉、秘密の言葉」という意。[1]『大日経』などの密教経典に由来し、浄土真宗を除く多くの大乗仏教の宗派で用いられる呪術的な語句である。 漢訳経典では、「真言」の他に「密言」、「呪」、「明呪」等と訳される[注 1]。

[引用元:Wikipedia]

般若心経とは、短い文章を説きながら最後に呪いをかけているということが理解できるかと思います。

あの苦痛そのものであった、頭痛や絶望あるいは孤独感は、霊界から呪いとしてきたものであれば納得できるからです。

いくら、父が亡くなったとはいえ、あそこまで長く絶望的な思いに襲われるのは、余りにも不自然すぎたからです。

2017-02-24 01:40

白洲次郎の妻、白洲正子。


白洲次郎の妻であり、薩摩藩士で伯爵樺山資紀の孫である白洲正子について調べてみました。

元々は、数年前に宇多田ヒカルが白洲正子自伝という本を見ていて、私も読んでみようかなと軽い気持ちで手に取って読んだものです。

天皇家とも親しく、白洲次郎との馴れ初めや、能や骨董など色々なお話が書かれていました。

薩摩の血の流れもあり、負けず嫌いな様子も伺い知れます。

能に関して調べたところ、やはり天狗物や龍神物、怨霊などが曲目にあるようです。

能 主な曲目

本節では中世に成立した古典の曲目のうち、現在でも頻繁に上演されているものを紹介する。これらは現行曲と呼ばれ、流派によって異なるが、おおむね二百数十番が現行曲とされている。しかし歴史的にはこれらの他にも2000番から3000番程度の曲が作成されている。これら廃曲となった曲の中には、現代になって再演を試みられる(復曲)こともある。また近代や現代においても新しい曲が書かれることがある。これらは新作能と呼ばれる[5]。
物狂・執心・怨霊・人情など他のジャンルに分類出来ないものは「雑能」(四番目物)と呼ばれる[要出典]。     

[引用元:wikipedia]

能と言うと、織田信長も思い出します。時代劇でよく歌いながら、舞っていました。

他にも能は、豊臣秀吉、徳川家康など好んでましたが、織田信長や足利義満も男色ですし、当時の武将も同性愛に満ちたイメージがあります。

男色は決まり事なのでしょう。古代ギリシャの時代も盛んでしたから。

ただ同性愛のことをオープンにするか、こそこそ陰で行うかの違いだけであって、ジャニーズにしろ、現代のTVの出演者にしろその掟が脈々と受け継がれてきたのだと感じました。

それから、世阿弥と両性具有に関連した本も出版されているようです。

両性具有の美 白洲正子

両性具有といえば、タロットカードTHE DEVIL.のバフォメットを彷彿させます。そして、哲学やグノーシス主義にも繋がっていき、悪魔崇拝に繋がっていくんですよね。

関連記事 コックリさんの起源。占いブームの落とし穴

2017-01-22 10:00

花粉症産業とは。日本人の約4割が花粉症?


毎年1月末から4月にかけて、スギ花粉症に悩まされており、花粉症歴も20年以上経過しました。スコアも3の為、日によってはかなりきつく感じることがあります。

毎日が、くしゃみ、鼻水、目のかゆみの症状の繰り返しで、特に強風や降雨の翌日などは喉の痛みも酷く、杉の木を見るたびに存在すら煙たく感じるまでになっていきました。

電車通勤をしていた時期は、マスクをしても鼻の症状が気になってしまい、煩わしさを感じていました。日本は花粉症患者が多いんですよね。

皆マスクを着用したり専用のメガネをかけ、ドラッグストアに行くと花粉症の薬が驚くほど陳列されています。

皮膚科やアレルギー科に通院していた時は、待合室に人が溢れた状態が2時間以上続いていました。

診察を終えて薬を手にするころには、すでに疲労困憊となっていました。大勢の人々が、幼児から花粉症に苦しんでいるんですよね。


「花粉症産業の陰謀」は本当か?自治体への圧力に憶測 東国原英夫氏の「圧力」発言に波紋…スギ植林は花粉業界の陰謀か

2015年4月20日 7時50分 デイリーニュースオンライン

-中略-
花粉症に悩んでいる人々の間では、その最大の原因とされる「スギ」の植林をやめてほしいとの意見が出ているが、東国原氏は「花粉症産業で儲けている人もいる」「ウラで圧力がかかる」と主張。

花粉症患者を生み出すことで利益を上げている業界が存在し、その圧力によってスギの植林をやめられない状況になっていると示唆したのだ。

国家主導で「花粉症患者」を量産!?

-中略-
政府は「成長が早い」「まっすぐな材木になる」との理由でスギの大量植林に乗り出し、現在も34億円という補助金を使って毎年1500万本ものスギが植えられている。

[引用元:livedoor-NEWS


東国原英夫氏も花粉症産業で儲けている人もいると言っているように、この言葉通りなのでしょう。

一部の大企業や業界人が中心となり圧力をかけ、お金儲けをしているのでしょう。

それにしても、34億円もの巨額の補助金を使ってまで植林しているのには驚きました。

2017-01-30 02:35

神様が偶像崇拝を禁じる理由。


私の住んでいる地域は、神社が近くにあります。

小学生時代は通学路で神社を目にしたり、中高生時代や社会人になって一人暮らしした地域でも家の近くに必ずありました。

以前は、ご利益目当てで神社にいってその偶像に手を合わせて拝んでたんですよね。特に深く悩んでいた小6の時は、熱心に神社に足を運び拝んでました。

それだけでなく、同居していたおじさんの家には神棚もありましたし、別のおじさんの家にもよくいっていたのですが、そこには神棚も仏壇もあったのでやはり拝んでいました。

また、子ども時代に時代劇を少し見ていたのですが、苦労している日本髪の着物をきた女性が、よくお百度参りしていてそれをすれば幸せになれると洗脳されていたんですよね。

高校受験の前には電車で明治神宮まで行ったり、社会人になってからも川崎大師に行ったり、出産前は水天宮まで母と参拝にいったこともあります。

しかし、一人暮らしをしていた時は、毎年祭りのシーズンにお神輿が目の前を通り過ぎたのですが、掛け声を耳にする度に恐怖を感じるようになっていきました。

聖書を読んでその意味が分かりました。それを神様が強く禁じ、怒りをあらわにされていて、いかに人々が偶像崇拝(悪魔崇拝)をして失敗してきたかが書かれてあるんですよね。

それだけではなく、人々が悪魔に生贄を捧げたり悪事をしていたからお怒りになられたわけですが。

偶像崇拝(ぐうぞうすうはい)とは、偶像を崇拝する行為である。

偶像という語には「人形」「人間に似せた物」などいくつかの意味があるが、ここでは木材金属など具体的な物質で形どられた像のうち宗教的対象をかたどったものをさす[1]。また「偶像崇拝」という単語自体は、そうした宗教的な像を崇めることを禁じ、あるいは批判する立場から否定的な意味合いで使われることが多い(後述。同様に偶像崇拝を非難するために使われる単語として「偶像教」がある[2])。他方、何らかの宗教的な像を崇拝する信仰では、一般に崇拝の対象となる像を神像仏像などと表現しており、またその信仰形態を自ら偶像崇拝と定義する例は少ない。偶「像」と書かれるが、プロテスタントなどにおいては十字架への祈りも偶像崇拝とされ、首飾り、護符、ご神体などを信仰対象にすることも偶像崇拝である。

[引用元:Wikipedia]

とにかく知れば知るほど、凄いんですよね。神社やお寺がこれほどまでに日本には存在しているのだと。

また、山自体ピラミッドの山があるのだと。

2017-01-20 10:53