屈辱さえ吹き飛ばしてしまう。

一年以上前に、二人の人との関係で苦痛を受け、悩んでいたことがありました。連絡しても、知らないふりというか聞き流していたような無視されていたような気がしました。

よくない感情が沸き上がってきたんですよね。どうにもならずに祈っていました。その時になったら裁いて下さるのかなと思い、途中からその祈りをやめてしまったのですが。

今となると、高慢さや執着心を消すための試練だったのかなとも思えたりします。やっとその悩みが解決したんです。だいぶ前の事だったので、その事をすっかり忘れていたんですよね。

二人のうちの一人は、謝罪があり嫌な感情を抱くことすら消えていました。これは、凄いことでした。憎むことなく感謝が苦手な自分が、感謝出来たのは驚きでした。

過去に有名な作家の本を読み、悩みが解決せず憎しみが増幅し、高慢に振る舞っていたことがありました。間違った考えを取り入れていたんですよね。

すぐ解決したならば、自分を過信し高慢に振る舞い、プライドを持ち、良くなかったのだと思います。何年も過ぎてから解決した時、これやっぱり神様かも知れないと感じたんですよね。

箴言2章に悟りと裁きについてありますが、あの時裁きの祈りを捧げてたから、神様裁いて下さったのかなと。今すっきり出来てるんだと感謝に変わりました。

以前は、環境を変えて悩みを解決しようとしていました。でも、環境を変えてないのに心がすっきりし執着心をなくせたのは、凄いことでした。屈辱さえ吹き飛ばして下さるのかと。

最近、野菜不足であまり良くないと感じ祈っていたのですが、知り合いの方から旬の野菜と果物を頂きました。やっぱり嬉しかったです。

料理は得意ではないですが、野菜は天ぷらにして果物もすぐ頂きました。こんな時、聖書に書かれている求めなさいという御言葉が身に染みて伝わってきます。

2017年10月07日11:20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です