幸せとはほど遠いアドバイスとインチキな誘惑や囁き


人は生きていると心配や悩みが尽きないものです。そんな時、友達や異性など心の支えとなる人や慰めを得られる存在を気づかぬうちに求めてしまいます。

特に女性は、結婚し会社を辞めたり環境が変わったり家族が増えたりすることで新たな悩みを抱えることがあるのではないでしょうか。

しかし、友達や異性などにあれこれと自分の悩みや家族や人間関係などの悩みを相談し、アドバイスを受け実践してたとしても本当にその問題が解決されることなどありません。

逆に相手に不審がられ避けられたり上手くいかなくなることもなきにしもあらずだからです。

たとえ、涙を流し苦しい気持ちを誰かに真剣に打ち明けたとしても、実はそのすぐ横で目に涙を浮かべては、必死でこみあげてくる笑いを抑えている人も少なくないのですから。

人がこのような体験をすれば、次第に人間には愛はないのではないかと幻滅します。または傷つけられて裏切りを感じた時、他の何かに癒しを求める人が出てくるのも当然でしょう。

なかには、このままでは本当の幸せを掴むことは出来ないと不安感を抱いたり、もうすでに危機感を薄々感じている人もいるかも知れません。

しかし、癒しとも思われる世の中に溢れた「恋愛」や「占い」、「心理学」や「スピリチュアル」、「自己啓発」に耳を傾けそれらを追い求めても、心から悩みが解決することなどありません。

むしろ、それらに耳を傾け実践してもどんどん人生が苦しくなったり、転落してしまうことの方が多いのです。

落ち込んでいる時、元気がない時、たまたま友達が電話してきて色々と楽しそうに語りかけてきた後、様々な快楽や享楽に誘惑される。そんな機会が待ち受けていることがあります。

同性もしくは異性が自分に接近し、少しずつ少しずつ仲良くなっていくなかで様々な誘惑に惑わされ、翻弄され、唆されたりすることが何気ない日常の中で引き起こされることがあるのです。

例えば友達の出産祝いで産婦人科にお見舞いにいった時、出産した友達の友達に食事に誘われて話を聞いてみると、実はマルチ商法(ねずみ講)の誘いであったり・・・。

創価学会と思われる同級生から占いに誘われたり。または、元同僚に久しぶりに会った時「スピリチュアル」や「レイキ」に今はまっているのだと楽しそうに話しかけてきたり。

あるいは、駅の改札を出て街中を歩いていると高額化粧品の「キャッチセールス」をする男性につかまり巻き込まれそうになったり。「手相」を見たいのでと声掛けされしつこく付きまとわれたり。(統一教会)

路面店で肌診断をしてもらい、シミや色素沈着だらけの未来の肌状態を見せられショックを受けた後、スキンケアと美顔施術のセットの「高額ローン」を組まされそうになったり。

家で休んでると、母子で唐突に珍味の押し売り営業をされ、唖然として断ったり。その母親も情を揺さぶる演技をしているかのように見えたり。(統一教会)

また、パワーストーンや原石が光り輝くお店に誘われたり、足のむくみを改善するために「代替療法」といえる足のリフレクソロジーの施術をしてもらい、予想外の痛みや恐怖を味わったり。

少し仲良くなった時、ランチに誘い悩みを打ち明けた後、立正佼成会の冊子を渡されそうになったり。

断っても強行的に経典を渡されそうになり、ゆくゆく話してみると顕正会の役職者だったり。その後もしつこく誘われ、ますます異変を感じたところで、警察ざたになり書類送検までされていたことをニュースで知ったり。

数人で女性占い師のマンションを尋ね、みてもらった数年後にその一人の女性が倒れてしまい、いく末には命を奪われてしまったり。

メディアや身近な家族や友達を通し、このようなインチキで巧妙な手口にあった場合は、注意が必要だと思います。

こちらもどうぞ

人生の暗転。占い教材の詐欺。
電話占いで感じた異様な雰囲気。

2018年 8月10日