ドライブin地獄テーマパーク。

自動車免許を取った数年後、ドライブ旅行に誘われ数人で伊豆方面へ遊びに行ったことがあります。

カーブ続きの海沿いの道で、車酔いの症状が出て気分が悪くなりましたが、青く澄みきった空と太陽のまぶしさに目を細め、海風を頬に受けながら回復していきました。

一日目は、食堂で魚介類をいただいたり、水族館で楽しいひとときを過ごせました。二日目は修善寺へと向かいました。

その地獄テーマパークは、赤色など原色のイメージが強く、確か壁に地獄の絵図が飾られており、目に入る全てが恐ろしく冷気も伝わってきました。

現在は、立体的にリアルに作られているようで益々恐怖に感じました。

ここからは目をそむけたくなる内容なので閲覧ご注意下さい。

その一つに糞尿の世界もありました。当時は素通りでしたが、今となると鬼や閻魔大王が地獄の支配者だと理解でき、悪魔の存在をはっきり認識できるんですよね。

伊豆旅行の数十年前の思い出がよみがえり、記憶がクリアになったんです。その時の空想・幻想の世界を抜け出し、これは真実だったのだと思えたんです。

秘宝展には入りませんでしたが、マニアックで奇抜だと感じました。調べて見た所、真言立川流で密教でした。

本尊は、ドクロで経典類の中の一つの理趣経(りしゅきょう)の十七清浄句を読むと、倒錯・性的で悪魔が好む世界そのものなんですよね。

ドクロを加工する点もグロテスクですし、ドクロ(人頭)と言えば、クリスタル・スカル、カタコンベ、スカル&ボーンズ、ケルト、中南米のアステカにつながります。

人頭崇拝 関連記事 守護樹占いとおまじない。

悪魔崇拝としてドクロやシンボルマークが存在していて、それも世界規模でつながってしまうんですよね。

2017年09月21日14:07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です