出会いは偶然ではないかも知れない。

以前、出店の金魚すくいで金魚を家に持ち帰ってきたことがありました。

この金魚もきっと生き残らないんだろうなと軽んじ、半日以上汲んでおいた水道水をバケツの中に入れてその一匹の金魚を飼い始めました。

三日後、その金魚は生きていました。いつもなら弱って死んでしまうはずなのに、この金魚は強いと衝撃を受けました。

いつも三日くらいで死んでしまうことが多かったんですよね。

七日目にバケツを覗いてみると、その金魚は生きていました。もしかしてこの金魚は特別なのかも知れないと思えてきたんです。

さすがにこのまま適当に飼うのはまずいと感じ、ホームセンターで水槽やエアーを購入しました。一匹では寂しいだろうから、華やかな金魚を三匹購入しました。

水槽に入れてみましたが、みんなで仲良くとはいかず、四匹の関係も落ち着かず、仲たがいしているように見えました。

金魚すくいですくった金魚は、色柄もシンプルで体も一番小さくて善良なイメージでした。

他の金魚は、きらびやかで大きくて、尾びれも綺麗でした。でも、性質が自己中心的で悪の要素が漂っていたんですよね。

一年経った頃から、その金魚が一匹ずつ死んでいってしまいました。そして、最後に残ったのが金魚すくいの金魚でした。

実は、その名前の一部が黙示録に出てるんですよね。これには、驚きました。数字や名前から神様や聖書を連想しました。

もしかして、これも偶然ではないのかなと思えてきました。

2017年10月11日19:34

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です