痛みをあまり感じない日は。


今までは、体に痛みや痒みを感じることが多く、痛いときはクイックマッサージに通ったり、岩盤浴に行ったり、鎮痛剤を飲んでいました。

痒い時は、服を脱いでバスタオルや布団をかぶってかいていました。

神様を信じる前は、そういう考えを持って行動していました。

今は、そういう時は痛みが回復するようにすぐに祈るようにしています。

神様に祈って過ごしていくという時間は、人間にとって祝福の時間なんだと思いました。

先月は、不安を感じ自分が悪い考えを抱いていて支配されていたんだと感じました。

環境は変わってないのに、神様に祈ると真理を得るから心が好転してラクになるんですよね。

やっぱり肉体が健やかな日は、心の状態も自然と軽くなっていきます。

考え方が平安に変わるんですよね。

朝ゴミ捨てに行くとき、ああ今日は体がラクだから嬉しいなと考えが変わるんです。聖霊様はあまり受けてなくても。

こういう日は神様に感謝したいと思って繋がっているような気がします。

ただ、その後油断してはいけないのだと教わりました。

喜んでいると隙を狙われるんですよね。

神様を信じるようになってから、色々と祝福を受け、それに気付けたことはやっぱり嬉しいですね。

健康だとさして感じないけど、痛みで苦痛を受けた後、痛みが回復していくと神様が助けてくださったんだと感じてます。

こういう時やっぱり祈りですね。祈ることを私に教えて下さった神様は本当に愛の存在です。

2017-08-07 11:57

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です