ホワイトパールと赤のハートのペンダント


本店に入ると多彩な種類の真珠のアクセサリーが輝きを放っていた。
真珠は、6月の誕生石だ。
イヤリングにしてもネックレスにしても真珠は女の人を引き立てるものだ。
それも十万円以上もする高価な代物なのだから。
あきらめて一連の淡水のネックレスとブレスレッドを購入した。
その淡水真珠には18Kの五芒星も煌めいていた。
(本店とは無関係だが)パラダイスビーチと表現されているタヒチでは、
黒真珠も養殖されているようだった。

hearts aglow Pendant(ハーツ アグロウ ペンダント)は、中央のハート型の
赤い宝石から後光が輝いて見えた。
これを作るのには高度な技術が必要なのだろうか。
そのペンダントからフランシスコ・ザビエルの肖像画で彼が手元に握っていた
赤色のハートの物体を彷彿したのだ。
黒のマント姿に背景のIHSに後光が差し、その上に十字架の磔のイエス・キリスト
からは光が発して描かれていた。
十字架を見上げながら両手はクロスに、右手が手にしていた赤色のハート型
の物体とは・・・。心臓だ。
あるいはマルティン・ルターの薔薇と十字架の紋章だろうか。
紋章の中央には赤いハートと黒い十字架が描かれているからだ。
thorn and rose Ring(ゾーンアンドローズリング)は、棘とバラのリングの
中央には三角形の宝石が望む。
外側にカーブしたもう一つの三角形の先端部分が、サソリの毒針にも見えてしまう。
そのサソリとは、ミトラスが牡牛を捉え、その牡牛を地面から攻撃するサソリのことだ。

-あとがき-
やはり、三角形のデザインやバラや棘を目にする度にイルミナティの存在を感じます。

そして、才能のある人はイルミナティに取り込まれてしまったり、イルミナティの血筋だということがほとんどなんですよね。

ホイットニー・ヒューストンやマライヤ・キャリーもそうかと思います。

ピーター・セテラ(Peter Cetera)は映画ベストキッド2で「Glory of love」や製作費数十億円と言われる竹取物語の「Stay With Me」の主題歌を歌っています。

Chicago関連のYou tube動画「Will You Still Love Me?-Final Fantasy X AMV」の終盤では、山よりも高い場所に飾られた大きな翼を広げている金の鳥の像が印象深かったです。

金の鳥の像が大きな翼を広げているのですが、ゾロアスター教のプラヴァシを想い出します。あるいは、火の鳥でしょうか。

有名スターのプロモーションビデオなどを通し、一定のシンボルマークを目にする度にイルミナティの存在を感じてしまうんですよね。

2018年 7月30日