黒のサマーバックと顔が描かれた赤い壺と海猿


昔の夏の記憶・・・。
その日の水着は、前もって用意していた。行きつけのデパートで購入していた。
デパートの水着売り場のフロアのエスカレーター付近でハイレグ型のワンピースの
水着を身に着けていたマネキンが気になった。
さらに水着売り場に進むと、原色や蛍光色のレースクイーンが身に着けるような
派手な色彩と露出度の高いデザインの水着に目を奪われた。
前日の夜には、マニキュアを選ぶ時も一風変わった色を選んだ。
それを大ざっぱに手と足の指先一本一本に塗り重ねていった。
そうして海に行く日がやってきた。
水着やバスタオルやらを黒のリュック型のサマーバックにつめこみ、
ひたすら車を走らせ海へと向かった。
海に到着して靴を脱ぎ、ビーチサンダルに履き替え砂浜に向かい、シートを
敷いて横たわったり、砂浜でビーチバレーをして過ごした。
暑くなったら波打ち際に行き、浅瀬の当たりで日焼けした肌を冷やし、
寄せては返す波をただひたすら感じていた。
色々な海に行ったが、その黒のリュック型のサマーバックを持って出かける時、
おそらくそんな感じでそんな時間の過ごし方をしていた。
出発も遅く、半日ビーチで過ごして夕方に帰る。そんな感じだった。
そんな時代だった気がした。

ここからは、昔に見たTVの話題に移ります。

顔の描かれた赤い壺。子どもの頃みていたTV漫画の一つのハクション大魔王にでてくるそれです。

2013年にはスペシャルドラマも放映されるほど人気だったようです。

大魔王のその顔は、なすびのような輪郭に赤鼻とたらこ唇。

一度見れば忘れないそんなインパクトが強いキャラクターでした。

第一話のオープニング動画を見てみたのですが、そのうちの黒板に書かれていた数字がとても気になりました。

その数字とは、チョークで書かれた3+3=?でした。

?は6ですからサタンを表す数字です。そして大魔王の髭も共通しているのです。

髭の先端が丸まっているため、見ようによっては数字の6に見えるんですよね。

続いて海上保安官の救命救助をテーマに2002年ころから人気を博してきたドラマや映画でおなじみの「海猿」。

右肩上がりで人気が上昇していったそんなイメージがありました。

そんな中フジテレビとの関係を断ち、和解はしたものの作者(佐藤秀峰)は、2013年病気で倒れて緊急入院。その不審な動きに驚きを隠しきれません。

2014年、表紙を描いていた堀江貴文の小説の不正疑惑などマスコミ界の嘘偽りが浮き彫りになった様子を感じました。

やはり最後にはマスコミの嘘や偽善に辿りついてしまうんですよね。

マスコミ関連記事 マスコミ離れと夏の憂鬱。

2018年 7月22日