目の前にあるものを変えてみる。

先日、身近なものに目が行き届いていなかったことに気付き、買い替えたいと強く切望する出来事がありました。

それは、毎日使っていたマグカップでした。ディズニーのデザインでした。「星に願いを」という歌詞を読むとその本質が伝わってきます。

関連記事 あの頃は、月、木、星に願っていた

同じく時計もでした。それらのものをシンプルな物に変えてみたいと思えたんですよね。

今まで囲まれていたあらゆる物は、色もデザインもにぎやかだけど雑然としていたのだと感じました。カラフルなもの、柄物、キャラクターに囲まれていたんですよね。

生活に追われ、家事が苦痛となり汚れにも鈍感になっていき、自然と掃除も怠り食生活も乱れていっていました。

そんな中、神様に出会い賛美歌に出会い、人間にとって害になるものを避け、良い考えを取り入れるようになれたことはありがたいことでした。

家事を嫌々やるのではなく、やった後に心からすっきり出来て、結果的にやって良かったと思えたんですよね。

祝祭の日にレストランで見た白く輝く食器が、ふと頭に浮かんできて自分もあんな風に清潔な心の状態になりたいと憧れの思いを抱きました。

関連記事 あの日印象に残った世界

真っ白なお皿に、色とりどりの食材が並んでいたのですが、お皿も食材も互いに引きたてられていたのを思い出したんですよね。それが、本来の世界だったのかと。

実際、白い食器はケーキ皿しか持っていなかったんですよね。今回白いマグカップが欲しくなり、お店で物色してたのですが、底のほこりが気になって断念しました。

その代わりに白に近いベージュ色で、周り全体を削っている型のマグカップを見つけ購入しました。

その次の店でも、白のマグカップを見つけましたが、やはり底の汚れが気になりました。これは、自分の心の状態を表しているのだと思えました。もっと心を清めていきたいと。

賛美歌は本当に素晴らしいです。理由が分からずに辛い時、苦しい時は、賛美歌や聖書に触れてみて下さい。

2017年11月23日18:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です