満天に輝く星空の下で。


夏休みの時期、山や川に囲まれた場所へキャンプに行ったことがあります。綺麗な星空を見たくてネットで探しました。今考えると、凄いすんなり決まったんですよね。間際だったのに。

家から空を見上げても、見えるのは本当に明るい星だけで、物足りなさを強く感じるようになったんです。

オリオン座とか木星などは肉眼で見えますが、本当はもっと存在しているんですよね。雨女なので、行く数日前から晴れるように祈ってました。

その夜、空を見上げたら全く違いました。同じ空なのに別世界でした。

興奮して気になってしまい、眠れなくなってしまいました。夜が深まると一面が星で埋め尽くされていて、綺麗すぎて感激しました。

ああ、これが地球の本来の姿なんだと感じたんですよね。視界にほとんど遮るものを感じることがなく、もしかして少し神様を感じてたのかなと思いました。

例えば、カメラで空を撮影する時上手く撮れないことが頻繁に起こるのですが、そういうのがないからすっきりするんです。

澄みきった空気を吸いこみ、心も体も元気になれたのはやっぱり嬉しかったです。これは、お金では買えないです。

当時、周囲の人達のことで悩み、そこから早く出たかったんですよね。どうすることも出来ず、心理学の本を読んでは恐れを抱き、脳科学の本を読んでは焦りを感じました。

列王記上の12章に重い軛のことが書かれているんですが、まさにその状態でした。でも、神様を感じてたからなのか心がラクになれたんです。

星空が見える場所をネットで調べたり、晴れるように祈ったり、満天の星空の下で無事に過ごせたことが、偶然じゃなかったのだと感じたんですよね。

人間では想像出来ない形で、神様が働きかけて下さっていたのだと感じました。その時は、分からなかったんです。気づけたのは、神様とRAPTさんのおかげです。

スピリチュアルは、偶然や必然を神様っぽく使ってますが、悪魔につながるのでやめた方が知恵だと思います。
関連 セレスティン予言への誘い

2017-10-02 08:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です