不安に掻き立てられた、あの痛み。

その痛みは、中学生の時からありました。特に部活中動いたりすると感じていました。

なかでも胸の痛みが強い時、不安に掻き立てられていました。

でも、月経のサイクルに必ず当てはまっているんですよね。

不思議と月と一致し、月経もだいたい28日周期で月の公転周期も27日7時間43.193分なので、それと重なるんです。

本当に人間の体は、精密に出来ているのだと感じました。

過去に乳がんのセルフチェックを自分でやったのですが、それに引っかかるのも当然だったんですよね。多数でした。

しこり・痛み・分泌物・初産年齢・脂質が多いもの・食生活の欧米化など、たくさん引っかかったんですよね。

調べてみると、分泌液が出るのも当たり前だったんです。

乳腺があるので女性ホルモンがある限りは出るのだと。おりものが増えたりするように、その期間によって出たりするのだと。

実は2-3日前に切除した部分が急に痛み出し、驚きと不安を感じました。それで二日くらい続けて祈ったんです。

昨日は、その痛みが消えて安堵に包まれました。

元々、しこりも中学生の時から持っていたんですよね。

しこりや乳腺の腫れや痛みを伴っていたので、乳腺線維嚢胞症の可能性が高かったのではと感じています。

2017年09月10日19:00

切除後の二つの矛盾点。

過去に知り合いの女性が出産し、産婦人科を訪ねたことがありました。

その女性の性格とか雰囲気が好きだったのもあり、病院にいくこと自体楽しみにしていました。

病院に着いて、しばらくしたらものすごく体調が悪くなってしまいました。吐き気がしてきて背中も重くなっていき、耐えられなくなってしまいました。

楽しみにしていただけあって、ショックでした。

今でも何故なのか分からないんですよね。ただ言えるのは、色んな病院に行きましたが、病院によっては重苦しく感じることがあったということです。

地下とか病院のある地点に行くと陰気さを感じるんですよね。

だいぶ前におばさんが手術をした時、切除した部分を見るためにも病院にいったことがあります。大学が運営している病院でした。

見るのに躊躇しましたが、実際見たら色がピンク色のようでした。予想以上に大きかったので驚きました。

でもきれいだったんですよね。病名は忘れてしまいましたが、子宮関連の手術だったと思います。

このことをすっかり忘れていたんですよね。自分の手術の時は、母が確認したのですが切除したものについて話題にも上りませんでした。

あとになって聞いてみると、普通だったよと。それを聞いて、拍子抜けしたんですよね。写真撮るのを頼んでおけば良かったと後悔しました。

例えば、悪質なものなら変色していたり変形していなかったのかなと気になったんですよね。今さらですが。

極端に小さくなった割には、肉片が多めに切除されていたんですよね。周りもとりましたよとは言われましたが。

この二つの手術を通して、医療廃棄物とカニバリズムのことが引っかかってしまったんです。

手術が終わった時、手術台の上で起こされましたが、それを自分の目で見ることはなかったんですよね。

だんだんとあれは本当にがんだったのかなと疑問を感じるようになりました。がんを信じられなくなったんです。

2017年09月08日14:34

告知後、数か月で小さくなった理由。

過去に癌の告知を受け恐怖を覚え、術前療法、脱毛、温存手術、放射線、注射を経験し、薬を飲んだりしました。

術前療法で大きくなることもあるよと聞かされてましたが、数か月間で極端に小さくなったのを見て医師は驚いていました。

その間何をしてたかというと、布団の上で夜中に泣きじゃくり何故なんだろうと天井の方を見て訴えてました。でも、その時は気づかなかったんです。薬が効いたからだと思ってたんです。

他に同じような女性が数人いました。経過が悪く、再治療で悲痛な面持ちをしていました。同じ治療でも経過の違いに疑問を感じることが増えていきました。

画像検査と血液検査、飲み薬や注射の繰り返しの日々でした。血液検査の度に血管が硬くなり、採血できなくなっていきました。

肉体的には苦痛を感じつつも、この穏やかな感覚は一体なんなんだろうと考えていました。

途中から、病院も新設しプライバシー重視に変わり、大きな窓から見える景色もきれいでした。以前は、暗い感じで整形外科と同じフロアのため、人の目線も怖く無理していたんですよね。

タモキシフェン

おもな副作用[編集] ノルバデックス(タモキシフェン)20 mg錠
女性生殖器系
無月経、月経異常等
胃腸系障害
悪心・嘔吐、食欲不振等
循環器系
ホットフラッシュ(突発的に発生するほてりや発汗)
肺塞栓
薬物相互作用として、パロキセチンとの併用時に、タモキシフェンの抗腫瘍効果が減弱し、乳がんによる死亡が増加することが報告された[1]。

[引用元:wikipedia]

この薬、五年経過後あと五年飲んでくださいと言われました。でもホットフラッシュと鬱っぽくなるのが苦しくて、だいぶ前から飲むのをやめてしまったんですよね。

この時から、ああ神様は本当にいるかも知れないと思うことが増えていったんですよね。これは、物凄いことでした。

2017年09月04日23:15