あの頃は、月、木、星に願っていた。

先日の夜、駐車場から空を見上げると、小さな三日月が浮かんでいました。

月は形が変化しますよね。ある時は満月であり、半月の時もあり、スーパームーンの時もあります。

月のことで記憶がよみがえってきたんです。親に先立たれて、その親に未練があって深く悩んでいた学生に対し、専門家がこう答えていたんです。

月に思いをぶつけなさいと。その悲しさや寂しさを感じる夜に月に語りかけるといいのだと。そのことを思い出したんですよね。ネブラ・ディスクも思い出しました。

ネブラ・ディスク (英:Nebra sky disk、独:Himmelsscheibe von Nebra)

推測された使用法[編集]
-中略-
また、ケルト時代に、バルテン(Baltaine)祭りとして知られる5月1日の春祭りの日には、太陽は、ハルツ山脈南部のキフホイザー・マシーフ(塊状岩山地)の最も高い丘であるクルペンベルク(標高473.6m)の背後に沈む。そして降霜は、この日に終わる。春祭りは、今日ではヴァルプルギスの夜に受け継がれ、キフホイザー・マシーフは、生け贄の願掛けシャフトや伝説[3]など古代の宗教的象徴となっている。

[引用元:wikipedia]

木も同じでした。木を亡くなった肉親だと思って語りかけなさいと。抱きしめなさいと。

今となると、木とはオークツリー、ケルト、ドルイドだったと全てつながってしまうんです。

星は、学生時代にキャンプ先の芝生の上で膝をかかえ、夜空を見上げては流れ星をずっと探していました。待ち遠しかったんですよね。

「星に願いを」というディズニーソングが有名ですが、この言葉通り信じてたんです。当時はファンタジーでロマンチックで好きでしたね。

西洋占星術の雑誌もこういう雰囲気多いんです。空想的で現実離れしているんですよね。日常を忘れられました。

これらすべての願う対象が、あくまで天体=万物なんですよね。これを真に受けて、月や木や星に願ったり、語りかけていたんですよね。(笑)


追記.最近ブログの調子が悪く、今後画面が真っ白になり見れなくなる可能性が出てくるかもしれません。昨日は、コメント欄や画像が操作されていました。

その際は復旧作業に何日もかかり、ご迷惑をおかけするかも知れませんが、ご理解のほどどうぞ宜しくお願いいたします。

2017年08月30日17:52

電話占いで感じた異様な雰囲気。


今は、占いの呪縛から解かれたので全くやっていないのですが、以前はかなりの割合でやっていて厚めの本も何冊か持っていました。

そのなかで、電話占いやチャット占いについて、異様な雰囲気に感じることがありました。

まず鑑定料金は、だいたい10分から15分くらいで三千円と高いのです。10分で三千円の仕事はある意味儲け話です。

凄く当たるとか怖いくらい当たるとか霊感占いなど、信憑性をもたせてる場合は、さらに高額で五千円でした。

怖いくらい当たるというフレーズが、人間の不安心理を利用していると感じました。予約制など中には桁違いの料金もあり、陰陽師だと十万円でした。

写真や画像を見ると、暗くて神秘的な幻想的な雰囲気を醸し出しているんですよね。

その時は完全に現実逃避していたんです。三千円払っても悩みは全く解決しなかったです。(笑)逆に不安感が増していきました。

本来なら、少しでも考えて悩みを解決することが重要なのに他人に聞いてしまっていたのです。

むやみに人に聞いてしまう癖はやめた方がいいのだと思いました。相手に支配されて騙されるんですよね。それで何度も失敗してきたんです。

コールド・リーディング

コールド・リーディング(Cold reading)とは話術の一つ。外観を観察したり何気ない会話を交わしたりするだけで相手のことを言い当て、相手に「わたしはあなたよりもあなたのことをよく知っている」と信じさせる話術である。「コールド」とは「事前の準備なしで」、「リーディング」とは「相手の心を読みとる」という意味である。
概要[編集]
コールド・リーディングは、詐欺師・宗教家・占い師・霊能者・手品師などが、相手に自分の言うことを信じさせる時に用いる話術である。しかし、その技術自体はセールスマンによる営業、警察官などの尋問、催眠療法家によるセラピー、筆跡学や筆跡診断、恋愛などに幅広く応用できるものであり、必ずしも悪意のある技術とは言えない。

[引用元:wikipedia]

むしろ、コールド・リーディングは、人を罠にかけようとする悪質な手口に感じました。それも虎視眈々と。

コールド・リーディング関連の本も出版されているくらいですからマッチポンプですよね。これ占いだけではないです。ほとんどの分野で嘘を混ぜ金儲けしてきた内の一つですよね、昔から。

実際、終盤に「毎日、般若心経を唱えるといいですよ」とアドバイスもらったんですが、その言葉には混乱しました。

般若心経で悩みは解決しないですよね。むしろ、じわじわと徐々に不安に憑りつかれるのですから。

般若心経については

般若心経の真言と呪い

関連記事 人生の暗転。占い教材の詐欺

2017-08-23 09:10

人生の暗転。占い教材の詐欺。

中学生時代から、占いと密接な関係を持っている自分がいました。

そのころ読んでいた本の一つで、まずはまったのが愛と占いの情報誌というキャッチフレーズでおなじみのMy Birthdayという雑誌でした。

家庭も崩壊し、学校生活でも悩みを抱え、愛が得られそうなものに飢え乾いていました。

愛と表示されている雑誌やアイテムに、自分でも知らず知らずのうちに飛び込んでいってしまったんですよね。

My Birthdayのような占いやおまじない、心理テストを掲載している雑誌に自然と心が引きずり込まれていきました。

日本の雑誌であるにも関わらず、ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベやマドモアゼル・愛など、フランス語圏の人名の執筆者・監修者が存在し、その名前からして不思議な印象を持つことが少なくなかったです。

またMy Birthday読者から寄せられてくるメッセージを読むたびに、その悩みや考えに共感したりもしました。

他にも開運グッズのページで、アクセサリーやおまもりのようなアイテムも扱っていて、そのアイテムに興味を持つことが少なくはありませんでした。

そして約十年後、通信販売の西洋占星術の教材セットで三十万もの高額の通販詐欺に引っかかってしまったのです。

これもMISTYか何かの占い雑誌の広告欄に掲載されていたのですが。

独自にホロスコープを作成することで、出生の秘密とか将来の自分の未来や未知なる世界を探求できることにワクワクしてしまい、結果的に悪い方向にどんどん惑わされていくのでした。

それまでは、占い雑誌で満足していたものが、自分で占ったり専門的に勉強したいと思うまで心変わりしてしまったのです。

恋愛にしても仕事にしても全てが上手く行かず、その度に占いにすがりつき、その度に依存していく自分がそこにはいました。

しかも、三十万もの高価な占い教材を購入したのにも関わらず、人生が好転していくことなど決してあり得ませんでした。

むしろ人生が暗転し、ますます不安感が増していってしまったのでした。

その教材もとても三十万もする価値があるとは感じませんでした。

おそらく、その教材は薄っぺらい教材冊子のようなものが、十冊から二十冊ほど入っていただけだったと思います。


ホロスコープ ハウス イメージ画像


12星座のそれぞれの特徴やホロスコープやハウスの読み解き方が書き記されていたと思うのですが、いずれにしても後悔先に立たずでした。

そのような無価値な西洋占星術教材に、なけなしのお金をはたいてしまった自分に対して深く落胆していきました。

不安や悩み、いらだちを全て解消できるとすがっていた占いが、まさか自分の人生を暗転させる原因だったとはその当時は微塵も感じられることがありませんでしたから。


NYの元悪魔崇拝者のジョン・ラミネス氏が悪霊や悪魔の危険性について警告している日本語字幕の動画があります。少し占いやまじないに繋がる場面があります。

①ジョン・ラミレス1onONE with Damon Davisインタビュー 14:27

②「地獄からの脱出」ジョン・ラミレス- John Ramirez, Escape from Hell 37:12

とネットで動画検索すると出てくるので、一度見てみるといいかも知れません。

この動画は、占いや偶像の危険性、悪霊や悪魔の悪事について対話しながら、または街中を歩きながら具体的に説明しています。

また、書籍はいまだに見たことがないのですが「悪魔の大釜からの脱出」という電子書籍も出しているようです。動画や書籍どちらでも情報を知る事ができます。


さすがに占いもやめたほうがいいと思っていた時に、タロットカードなどの書籍や関連物を全て捨て去ることが出来ました。

長い間どっぷりと依存し、多大な影響を受け続けてきた西洋・東洋の占星術関連の書籍やウェイト版タロットカードを処分できたのは、大きな解放でした。

関連記事 マドモアゼルと麻
関連記事 守護樹占いとおまじない

こちらもどうぞ

コックリさんの起源。占いブームの落とし穴

2017-03-29 00:00

守護樹占いとおまじない。

何年か前にテレホン人生相談の大原敬子アドバイザーの本を書店で購入して何冊か読んでいました。どうやって子育てしたらいいんだろうと悩んでいたんですよね。

その中で、守護樹占いやおまじないに関する本があったので少し調べてみました。

樹木占いやおまじないが元々どんなものなのか、ケルトも関係すると思ったので今回ケルトに調べてみました。

ケルトと宗教

当初の宗教は自然崇拝の多神教であり、ドルイドと呼ばれる神官がそれを司っていた。 初期のドルイドは、祭祀のみでなく、政治や司法などにも関わっていた。 ドルイドの予言の儀式では人身供犠が行われていることを、多くの古典古代の著述家たちが記述している[1]。


また、ケルト人には人頭崇拝の風習があった。ケルト人は人の頭部は魂の住処となる神性を帯びた部位であり、独自に存在し得るものと考えた[3]。敵の首級を所有することでその人物の人格や魂を支配できると信じ、戦争で得られた首級は門などの晴れがましい場所に飾られたり、神殿への供物や家宝として扱われた。ケルト芸術には人頭のモチーフが多くみられ、アイルランドではキリスト教改宗後も教会や聖所の装飾に多くの人頭があしらわれている。

[引用元:Wikipedia]

いやはや、恐ろしいです。深く落胆してしまいます。人を殺して生贄にしたり、戦争で得た人頭を崇拝をしていたとは。

崇拝までいかなくとも、人頭といえば日本だと戦国時代の武将や他国だと現代の過激派組織ISイスラム国がまさにそうですね。首を特別視してますから。


次はおまじないに関してです。日本ではおまじないを、呪い(まじない)と書きます。まさに呪いそのものでした。それを知られたくないから、ひらがなで表記されていたのですね。

以前、恋愛関係や片思いで悩んでいた時におまじないをしていたことがあったのですが、その行為が呪いだったとは開いた口がふさがりません。

占い雑誌や恋愛ネタの情報誌にで見かけていたので、気が向いた時に軽い気持ちでやったりしていたんですよね。でも状況が良くなることはなかったです。

このことを知らずに人生のラッキーチャンスだと間違った認識をした女性がいると思います。悩んでいる時、おまじないで幸せをゲット出来るという嘘の情報を信じてしまいがちなんですよね。

2017-02-26 00:00