今まで聞いてきた音楽の果てに。

音楽の魅力に目覚めてから、様々なジャンルの楽曲を聴くようになり、最初はJ-POPやロックから始まり、次第にアレンジの効いた邦楽に夢中になっていきました。

今井美樹さんの夏をかさねての様な、風の空気感が感じられるアレンジの効いたもの、洋楽ではPeter CeteraのNo Explanation、Bobby CaldwellのStay with Meなど、伸びやかでムーディな曲をよく聞いてました。

また、Peter Ceteraのglory of loveにも惹かれました。和訳すると栄光という言葉が入っていて、何故か旧約時代の志士達を思い出します。

Whitney HoustonのJesus Loves Me、Whitney Houston & Mariah CareyのWhen You Believeは、神様や神様の奇跡そのものに感じました。

天使を感じる楽曲では、STINGのWhen we danceもよく聞いてました。どの曲も神様や天使を入れながらも、偽りの神や堕天使の存在を感じたんですよね。

エンニオ・モリコーネのニューシネマパラダイスのテーマソングは、止めどなく流れ続ける切ない旋律が好きでした。

その頃、知り合いの女性の教会式で賛美歌を初めて歌ったのですが、凄く感動したのを覚えています。

そして、ドラマでガブリエル(天使長)の存在を知ってからとても気になってしまい、バダジェフスカの乙女の祈りを聞いては、美しい曲だと感動したんです。

それまでクラシックは、ベートーベンのエリーゼのためにぐらいしか知らなかったんですよね。

でも、そのドラマをきっかけにバッハのG線上のアリアを好きになり、ショパンの夜想曲 Nocturne No.20も聞いたりしましたが、闇が深く感じるようになりました。

Swing Out SisterのNow You’re Not Here、Am I The Same Girl?では同性愛のような、Duran DuranのOrdinary Worldは、霊的・幻想的な曲で、魔法にかけられたように中毒になって聞いていました。

それらが、聖書を引用して魅力を感じつつも、フリーメイソンやイルミナティや悪魔につながってしまうんですよね。

そのしるしは、PVに入ってる時があります。ピラミッド・一つ目・武道・動物柄・数字・十字架など。呪いを感じます。

関連 ヴェニスに死す 親子以上の年の差の青年愛
同性愛や男性のメイク、白塗りされた肌にルージュ、女装や男装の性の逆転、仮面や仮装、象牙や妖精など破壊的でした。深入りせず、見ない方が知恵だと思います。

その後にRAPTさんのブログを知って、Welcome to TOON CITY1(愛媛県東温市1)の動画と演奏に惹きつけられていったんですよね。それだけではないですが。

Welcome to TOON CITY1(愛媛県東温市1)

[引用元:RAPTブログ]

最初は、その理由が分かりませんでした。でも、ようやく分かりました。

全てを知ってらっしゃる方だから、惹きつけられていたのだと。神様に遣わされた方だったのだと。

有料記事の賛美歌からも神聖、美、愛を感じ涙を落としました。ずっと求めてきた神様の存在を感じたからです。

2017年09月27日19:27

力強さを感じる唯一の存在。

神様に出会ってから色々な経験がありました。過去ブログの一部を修正してた際、ブラウザの画面が数分間横に揺らぎ、撮影しようとした瞬間止んだこともあります。

色んな現象が起きて、それに驚くことが増えていきました。ブログを辞めようとした時にも経験しました。まだ書いていない怪奇現象もあります。

聖書で、イエス様が悪霊に憑りつかれてる人を救っているシーンがあります。自分の恐怖体験を思い出しそのシーンとつながった時、霊の存在を信じるようになったんですよね。

見えない相手に苦しめられた時、そう感じました。

占いやスピリチュアルだと守護霊といいますが、見えない相手から守られるというより、長い歴史で積み上げてきた燃えたぎる憎悪や殺意や背景を強烈に感じたんですよね。

聖書は、霊的な存在である神様やサタンや悪霊のことがはっきり書かれていて、そこからもの凄い神様の威力を感じるんですよね。

悪魔も強力だけど、完全じゃない人間が成長して完全な神様と共にした時、物凄い力が加わるのだと。

怖いところしか見えなかった神様が、悟ることで神様は本当格好いいし、力強くて栄光の存在に思えるんですよね。

今日は、傷つきすぎて切なくて神様を求めたんです。自分の中に霊が存在していると強く感じて。眠気もすごいし、窓から天を眺めながら。次第に目に涙が浮かびました。愛、感じたんですよね。

オペラとかミュージカルが見せる愛とは違うんですよね。静かに溢れている愛でした。

肌寒くなると本当寂しくなるんですよね。愛されたことがなかったから。そんな時、神様に求めてみるといいと思います。

求めたら、神様の深い悲しみ感じやすいと。神様の感じている悲しみと自分が感じている悲しみが一緒だといいなと思ったんですよね。

何か答えを与えてくださると思います。その時は分からなくても、後になって気づくこともあるんです。これは、人間には不可能な業ですから。

人それぞれ必要なものを与えて下さる神様は、やっぱり愛の存在ですね。

2017年09月25日11:30

美しい植物がダメージを食らう。

以前、プランターで植物を育てようと試みた時期がありました。種から育てるのは根気が必要で、雑草を抜いたり毎日水やりなど大変でした。

悩みで頭の中がぐちゃぐちゃしていた時、きれいな花を見るたびに癒され次第に惹かれていったんですよね。

種を撒き、数週間で発芽したのを見た時やっぱり可愛いかったです。

だんだんと葉や茎もしっかりしてきて、太陽の陽射しも強くなり成長も促進していきました。

だいぶ大きくなり花が咲いたのですが、病気になってしまったんですよね。害虫が原因でした。

花にクモの巣のような網がかかり、葉っぱもやられました。おそらくハダニだったと思います。薬はまいてたのですが、きちんと害虫駆除できてなかったんですよね。

そんなクモの巣のような網から悪魔を調べてみました。ヒキガエルの頭を持ったクモの姿だとソロモン72柱の1位のバエルでした。

バエル

『レメゲトン』の第一書『ゴエティア』に記載された72人の悪魔の一人であり、同書によると、東方を支配し、66の軍団を率いる序列1番の大いなる王である。 -中略- 
コラン・ド・プランシー著『地獄の辞典』の挿絵では、ネコ、王冠を被った人間、ヒキガエルの頭をもった蜘蛛の姿で描かれている。

[引用元:wikipedia]

聖書でのバアルと同一と感じました。カニバリズムにつながるんですよね。

ヒキガエルは、秋のお彼岸の墓石でよく見かけました。お墓の近くに古墳もあったのですが、生贄につながるんですよね。

美しい植物や大切な人が害を受けた時、ダメージを食らいます。種から育てた可憐な花や葉が広範囲で傷つけられたのを目にした時、ショックでした。

神様が、太陽や美しい植物、またクモの巣が張るような害虫を創造したことは、この世には良いものも悪いものも存在し、害虫を使って霊的な悪魔を教えて下さっていたのだと感じました。

2017年09月16日14:25

痛みをあまり感じない日は。


今までは、体に痛みや痒みを感じることが多く、痛いときはクイックマッサージに通ったり、岩盤浴に行ったり、鎮痛剤を飲んでいました。

痒い時は、服を脱いでバスタオルや布団をかぶってかいていました。

神様を信じる前は、そういう考えを持って行動していました。

今は、そういう時は痛みが回復するようにすぐに祈るようにしています。

神様に祈って過ごしていくという時間は、人間にとって祝福の時間なんだと思いました。

先月は、不安を感じ自分が悪い考えを抱いていて支配されていたんだと感じました。

環境は変わってないのに、神様に祈ると真理を得るから心が好転してラクになるんですよね。

やっぱり肉体が健やかな日は、心の状態も自然と軽くなっていきます。

考え方が平安に変わるんですよね。

朝ゴミ捨てに行くとき、ああ今日は体がラクだから嬉しいなと考えが変わるんです。聖霊様はあまり受けてなくても。

こういう日は神様に感謝したいと思って繋がっているような気がします。

ただ、その後油断してはいけないのだと教わりました。

喜んでいると隙を狙われるんですよね。

神様を信じるようになってから、色々と祝福を受け、それに気付けたことはやっぱり嬉しいですね。

健康だとさして感じないけど、痛みで苦痛を受けた後、痛みが回復していくと神様が助けてくださったんだと感じてます。

こういう時やっぱり祈りですね。祈ることを私に教えて下さった神様は本当に愛の存在です。

2017-08-07 11:57

夏の暑さと体調について。

前回はいきなり記事を削除してしまい、その際は皆さんにご心配おかけいたしました。

ここの所、連日の暑さや祭りなどで心身ともに困憊気味でしたが、今日のような日差しを感じさせない涼し気な日があるととても嬉しいです。

特に夏場が多いのですが、手足の持病で苦しんでいたのですが、手も足も今日は調子が良いです。神様の力を感じています。

健康でいられることを神様に心から感謝します。以前の不憫な状態からすると本当にありがたいのです。

蒸し暑いのが苦手で、調子が悪いと夏場にサイクリングする気にはとてもなれなかったのですが、先日は程よい風と木陰のおかげで気分転換することが出来ました。

しかし、途中から暑さに耐えきれずカフェで涼みました。

その際、公園のベンチに忘れ物をしてしまった事に気づき、公園に戻ったのですがベンチには初老の男性が二人座っていて会話を楽しんでる様子でした。

忘れものをしていたことをそのご老人に伝えると、感じの良い言葉が返ってきました。

忘れ物もベンチの背もたれに掛けてあり、無事で良かったです。

自分も年をとった時、あんな風に朗らかでいられたらいいなと思いました。

以前は日焼けすることも避けてたのですが、その際かなり日焼けしました。

本当にTシャツ焼けでした。家族にもびっくりされましたが。

このような一日を過ごせたのも神様のおかげだと感じています。

お祈りの力も感じました。自分自身のためにも健康でいるためにもお祈りは大切だと感じました。

2017-08-01 10:10